1人暮らしの女性にとって防犯対策は、犯罪から身を守るために自分自身ができる必要不可欠なことです。
1人暮らしと悟られてしまうと、犯罪者に狙われやすくなってしまうので、念には念を入れた防犯対策をしたいものです。


アパートやマンションはどこをチェックすればよいのか

アパートやマンションなどの集合住宅の場合、2階以上だから安心と思うのは大きな間違いです。

最近では、自転車置き場の屋根や配管、エアコンの室外機などを足場として、高層階にも侵入する犯罪者が増えているので、玄関の扉だけでなく、ベランダや窓もしっかりと鍵をかけることが必要です。

暑い季節に網戸にして眠る場合などには、補助鍵などをつけるなどして、空き巣や侵入者が簡単に入ってこれない工夫をしたいものです。
また、天気が良い日には窓を開けっぱなして外出したくなりますが、それでは空き巣が侵入しやすくなってしまうのでNG。
わずかな時間の外出でも、窓や玄関はしっかりと鍵をかける習慣をつけたいものです。

これからアパートやマンションを借りる場合には、どんな防犯対策が行われているかによって物件を選ぶこともできますが、すでに住んでいる住宅の防犯対策を強化したい場合には、空き巣や侵入者の目につきにくい行動パターンも大切です。


周辺の環境と防犯対策

例えば、毎日の通勤経路は、できるだけ人通りが多い道を選んで通るようにしましょう。

どうしても暗い場所を通らなければいけない場合などには、徒歩だと後をつけられて自宅の場所を知られてしまう可能性がありますから、自転車などを利用して、できるだけ後をつけられにくくする工夫もおすすめです。
仕事帰りなどにコンビニに立ち寄る人は多いのですが、夕食を買っている姿を見られると、一人暮らしだと分かってしまいますから気をつけましょう。
万が一の時に駆け込める安全な場所と言う意味ではコンビニはおすすめですが、それよりはスーパーに立ち寄ったほうが安全です。

また、ベランダ周りはできるだけスッキリさせ、泥棒や空き巣が足場として利用しやすいモノはできるだけ排除することも、基本的な防犯対策となります。
ガラスを破っての侵入を防ぐためには、内側に張ることができる防犯フィルムを活用する方法も効果的です。
市販されているグッズを賢く使うことで防犯効果がグッとアップしますから、ぜひお試しください。
費用をかけなくても、自分自身で工夫できる方法がたくさんあります。

ホームセキュリティの一括比較はこちら