住宅マンションの防犯対策 窓・ドアを再チェック!

一戸建てとアパートやマンションなどの集合住宅とでは、防犯対策の方法が異なります。
外部からの侵入経路が多い一戸建ての場合には、どんな点に気を付ければよいのでしょうか。

一戸建ての防犯対策

一戸建ての場合には、マンションやアパートと比べると窓の数が多いですし、玄関のドアだけでなく、裏口がついていたりすると外部からの侵入リスクは高くなります。
そのため、侵入できそうな場所を一つ一つ、確実に戸締りをすることが、まず最初に行いたい防犯対策です。

例えば、窓の鍵は必ずかけるように心がけるだけでも防犯対策としては大きな違いがありますし、春から秋にかけて窓を開けて網戸の状態で寝る場合には、網戸に鍵をつけて外部から簡単に開けられないような工夫をすると良いでしょう。

また、窓に雨戸やシャッターがついている場合には、夜は防犯のためにも閉めたほうが安心です。
住宅にあらかじめ備え付けられている防犯対策の方法だけでは安心できない場合には、市販されているセンサーを取り付けたり、さらに鍵を増やすという方法などもあります。

最近では割れにくい素材で作られているサッシなどもあるので、防犯対策をより強化したい場合には、そうした素材の部分も見直してみることをおすすめします。

外部からの侵入経路が限られているマンションやアパートですが、最近ではそうした安心感の裏をかいた方法で侵入する犯罪が増えているので安心はできません。


マンション・アパートの防犯対策

マンションやアパートの場合、一戸建てと比べると玄関や窓の数は少ないので、玄関の鍵さえしっかりかけておけば防犯対策は大丈夫と思っている人は少なくありません。

しかし、そうした無防備な集合住宅を狙った犯罪はとても多く、マンションやアパートの場合には、環境にあった防犯対策を講じることが必要です。

まず、共同の廊下に面している玄関は、家にいる時でもきちんと鍵をかけておくだけでなく、ピッキングを防止するためにも内側から鍵を設置する方法も効果的です。

また、低層の集合住宅ではベランダから侵入するという犯罪方法もありますし、高層でも屋上から侵入するケースも多いので、ベランダの戸締りも怠らないようにしたほうが良いでしょう。

現在の住宅では外部からの侵入がとても心配だという人は、防犯リフォームすることによって引越ししなくても大きな安心感を得ることができます。
どのような方法があるのでしょうか。


防犯リフォームとは

防犯リフォームとは、住いの防犯対策を強化するためのリフォームのことで、業者を入れて本格的に行うリフォームから、ホームセンターなどで市販されている防犯対策グッズを購入して自分で取り付けるという方法など、様々な方法があります。

最近では侵入する犯罪者もより複雑な方法を考え出すため、どんな方法でも100%外部からの侵入を防げるという方法はありません。

しかし、防犯リフォームを行うことによって外部からの侵入を抑制する効果はありますから、空き巣などの被害にあう確率を減らすことは可能です。

防犯リフォームには、玄関や窓など侵入口の防犯対策だけでなく、鍵を変えたりセンサーライトやカメラを設置したり、また防犯ガラスに変えるなど、空き巣の侵入を抑制する効果のある方法もあります。
どんな方法がおすすめなのでしょうか。


こんな防犯リフォームがおすすめ

防犯対策で住まいのリフォームを行う場合には、確実に防犯効果を出すためにも、いくつかのポイントを抑えておくのがおすすめです。

空き巣が入る場合には、多くの場合、何回か現地に足を運んで下見をすることが多いと言われています。
この下見の時に、「侵入しにくい家だな」と思わせるような防犯対策を行うと、空き巣の被害を防ぐことにつながります。

例えば、一戸建ての場合には、道路から死角になりやすい場所にセンサーライトをつけたり、防犯カメラを見える位置に配置するなど、空き巣に自由な暗闇を与えない防犯対策をすることが大切です。

また、防犯リフォームをする際には、空き巣が簡単に侵入できないような最新式の防犯対策を行うのが効果的です。
外部から侵入しようとする場合、窓やドアをこじ開ける際に時間がかかりすぎてしまうのでは、空き巣にとっては発見されるリスクが高くなってしまいます。
侵入に5分かかる場合には70%があきらめ、10分かかる場合には90%があきらめると言われているので、防犯リフォームをする場合には、この時間を目指して空き巣が簡単に入れないようなリフォームがおすすめです。

費用に余裕がある場合には、セキュリティー会社と連結している防犯システムを設置することも可能です。
異常があればすぐにセキュリティ会社に連絡がいき、そこから警察に連絡が回りますから、素早い対応が可能となります。
設置費用や毎月の利用料などがかかりますが、それぞれのセキュリティ会社ごとに幅広いプランがラインナップされているので、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

ホームセキュリティの一括比較はこちら